徳島県障がい者芸術・文化活動支援センターの役割

「徳島県障がい者芸術・文化活動支援センター」は、障がい者の芸術文化活動に関して一層の支援を図るため、次のような役割を果たしていきます。

障がい者芸術・文化活動支援の拠点として、「支える」「育てる」「繋がる」「発表する」「広める」の5つの柱を基本に、研修会や展示会等を実施し、障がい者による芸術・文化活動の裾野の拡大と、障がい者による芸術の素晴らしさを広く県民にPRする。